本のご注文書店様へ 
   ホーム | 書棚 | 50音順目録 | 書評・紹介記事 | 常備店  | リンク集 | ENGLISH 


最初の頁    前の頁   | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  | 次の頁 185 件中 45-59 件を表示
自然災害地研究
池田 碩著
日本は「自然災害」多国―大国であり、我々は様々な自然現象やその猛威と共に生活して行かねばならない宿命にある。自然の猛威に対し、我々はどのように準備し、被害を軽減させるべきか。綿密な調査をもとに考察する。
[主要目次] はじめに/第I部 地震・津波(阪神・淡路大震災、東日本大震災、イタリア・ラクイラ、 大阪湾岸低地域での震災を考える)/第II部 地すべり(亀の瀬地すべり、U.S.A.ユタ州、 長野市地附山)/第III部 豪雨・豪雪(京都府の南山城大水害/比叡山地の自然・開発 ・災害/U.S.A.ソルトレーク)ほか
〔定価3,672(本体3,400)円/B5判/238頁/ISBN9784860992903/C3025/2014.4〕

書棚:地理学
奄美大島の地域性  大学生が見た島/シマの素顔
須山 聡編著
共同体としての「シマ」のあり方、伝統芸能への取り組み、祭祀や食生活、生活空間の変容、地域の景観、あるいはツーリズムなど、大学生の目を通した多面的なフィールドワークの結果から奄美大島の地域性を描き出す。
[主要目次] 第Ⅰ部 シマとナセ(シマ空間の構造/中心都市名瀬の発展と再編/シマウタの継承と学校の役割/食生活の変容)/第Ⅱ部 島のすがた(シマ的景観要素の諸相/生活行動と生活空間/豊年祭の変容/カトリックの普及と信仰の混淆)/第Ⅲ部 ヤマトからの視線(産業基盤の再生と確立/自然を消費する観光の創出/新たな団体観光/地域文化の観光資源化)
〔定価3,672(本体3,400)円/A5判/359頁/ISBN9784860992996/C3025/2014.3〕

書棚:地理学離島研究シリーズ電子版
よみがえる神戸  危機と復興契機の地理的不均衡
D.W.エジントン著/香川貴志・久保倫子共訳
神戸が歩んだ長期的復興の軌跡を、海外研究者が詳細なフィールド調査をもとに徹底検証する。2015年に20年の節目を迎える阪神・淡路大震災からの復興の過程は、東北地方が歩む東日本大震災からの復興の指針として有効活用できる。原著:Reconstructing Kobe: The Geography of Crisis and Opportunity.(2010, UBC Press)
[主要目次] 序論/地震と都市復興/神戸と阪神地震/復興計画の策定と復興への対応/反対運動、住民参加、そしてフェニックス計画/近隣地区における事例研究/象徴的事業と地域経済/結論/付録/注釈/文献/日本語ターム小辞典/索引
〔定価3,888(本体3,600)円/A5判/349頁/ISBN9784860992934/C3025/2014.2〕

書棚:地理学
ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第4巻  資源と生業の地理学
横山 智 編
「生業」をキーに、その背景にある歴史的、空間的、文化的な文脈を考慮しつつ、何が資源と見なされ、だれが資源にアクセスでき、そして資源の価値はいかに変化してきたのか、世界各地の事例から明らかにする。
[主要目次] 序章 生業と資源を捉える視点/第Ⅰ部 環境変化と資源/第Ⅱ部 資源利用の戦略/第Ⅲ部 資源と制度・政策/他
〔定価4,104(本体3,800)円/A5判/350頁/ISBN9784860992743/C3336/2013.11〕

書棚:電子版地理学ネイチャー・アンド・ソサエティ研究シリーズ
日本文化の源流を探る
佐々木高明 著
ヒマラヤから日本にいたるアジアを視野に入れた壮大な農耕文化論。『稲作以前』に始まり、焼畑研究、照葉樹林文化研究から、日本の基層文化研究に至る自身の研究史を振り返る。農耕基層文化の研究一筋に半世紀、佐々木農耕文化論の金字塔。原著論文・著作目録付。
[主要目次] 『稲作以前』からの出発―研究の原点をふり返る/日本農耕文化の源流をさぐる/東アジアの基層文化と日本/畑作文化と稲作文化―日本農耕文化の基層を作るもの/稲作の始まり/照葉樹林帯にその文化の特色を探る/初期の照葉樹林文化論/ナラ林文化をめぐって/根菜農耕文化論の成立と展開/モンスーンアジアの焼畑農耕民社会における狩猟/ヒエ栽培についての二つの覚書/山民の生業と生活・その生態学的素描― 白山麓と秋山郷/佐々木高明著作目録
〔定価6,480(本体6,000)円/A5判/580頁/ISBN9784860992828/C1039/2013.11〕

書棚:地理学
ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第2巻  生き物文化の地理学
池谷和信 編
日本を中心としてアジア、アフリカ、南アメリカなど、世界各地での生き物と人とのかかわり方を、生物、生態、社会、政治経済という4つの地理学的視点から概観し、生き物資源の利用と管理に関する基本原理が何かを問う。
[主要目次] 序章・現代の地球と生き物文化の諸相/第Ⅰ部 生き物・人関係への地理学の視角/第Ⅱ部 生き物・人関係の地域諸相:日本から世界へ/現代文明と生き物・人関係/他
〔定価4,104(本体3,800)円/A5判/374頁/ISBN9784860992729/C3336/2013.9〕

書棚:電子版地理学ネイチャー・アンド・ソサエティ研究シリーズ
木竹酢液ハンドブック  特性と利用の科学
谷田貝光克 著
地球や人にやさしい材料として、土壌環境改善、植物の成長促進、虫害・獣害への対策、 家畜飼料添加剤、防腐剤、消臭剤など、さまざまな用途に利用される木竹酢液。本書では 科学的データをもとにその効能と特性を紹介する。
[主要目次] 採取・精製法と構成成分/抗菌・抗ウィルス作用/不朽菌やキノコに対する作用/植物の成長に影響を及ぼす木酢液/土壌環境改善に役立つ木酢液/昆虫、動物に対する作用/家畜飼料添加剤としての木酢液/食品病原菌に対する作用/消臭作用
〔定価2,808(本体2,600)円/A5判/180頁/ISBN9784860992842/C3561/2013.6〕

書棚:電子版森林科学・専門
中国変容論  食の基盤と環境
元木 靖 著
都市文明化に向かう現代世界の動向をみすえ、急速な経済成長を遂げる中国社会について、「水」「土地」「食糧」「環境」をキーワードに農業の過去から現在までの流れを地理学的見地から見通し、その変容のイメージを明らかにする。
[主要目次] Ⅰ部 水―長江流域における早期都市の立地と水利の環境史/Ⅱ部 土地―人口圧と農地開発/都市化と土地資源問題/Ⅲ部 食糧―市場経済下の産業構造調整と食糧生産地域の変容/Ⅳ部 環境―急速な経済成長に伴う社会の変容と地域環境問題
〔定価4,104(本体3,800)円/A5判/360頁/ISBN9784860992958/C3036/2013.5〕

書棚:地理学
ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第5巻  自然の社会地理
淺野敏久・中島弘二 編
人と自然の関係はどう作られているのだろうか。本書では自然を環境や食も含む広い意味で捉え、強者と弱者が対立するケース、利害関係者が協調して新たな価値を創造するケース等、さまざまなパターンを詳細なフィールド調査に基づき明らかにする。
[主要目次] 序章・自然の地理学: 自然と社会の二元論を越えて/第Ⅰ部 自然と環境をめぐるポリティクス/第Ⅱ部 自然の社会的構成と地域/第Ⅲ部 グローバル化のもとでの食と環境
〔定価4,104(本体3,800)円/A5判/315頁/ISBN9784860992750/C3336/2013.3〕

書棚:電子版地理学ネイチャー・アンド・ソサエティ研究シリーズ
木材加工用語辞典
日本木材学会機械加工研究会 編
木材の切削加工に関する分野の用語はもとより、関係の研究者が扱ってきた当該分野に関連する木質材料・機械・建築・計測・生産・安全などの一般的な用語も収集し、4,700超の用語とその定義を収録。50頁の英語索引も充実。
[主要目次] 凡例/用語集50音/英語索引A~Z/関連規格/参考文献・出典
〔定価3,456(本体3,200)円/A5判/326頁/ISBN9784860992293/C3561/2013.3〕

書棚:森林科学・専門辞典・事典・データベース
木力検定2  もっと木を学ぶ100問
井上雅文・東原貴志 編著
好評第1巻の続編。再生可能な資源である木材や木質バイオマスの生産と活用の促進が期待される持続可能な社会の構築に向けて、木の素晴らしさや不思議について“もっと”幅広く、やさしく学んで戴ける100の問いを新たに収録。
[主要目次] 木と木材のつくりを学ぼう/木材の性質を学ぼう/木材の利用と木質材料を学ぼう/木のここちよさを学ぼう/木と環境について学ぼう/木材と社会とのつながりについて学ぼう
〔定価1,028(本体952)円/四六判/123頁/ISBN9784860992880/C0037/2013.3〕
[品切中のためご注文いただけません]]
書棚:森林科学・一般木力検定シリーズ
シロアリの事典
吉村剛・板倉修司・岩田隆太郎・大村和香子・杉尾幸司・竹松葉子・徳田岳・松浦健二・三浦徹 編
日本のシロアリ研究における最新の成果を紹介。野外での調査方法から、生理・生態に関する最新の知見、建物の防除対策、セルラーゼの産業利用、食料としての利用、教育教材としての利用など、多岐にわたる項目を掲載。
[主要目次] 
〔定価4,536(本体4,200)円/A5判/471頁/ISBN9784860992606/C3045/2012.12〕

書棚:電子版森林科学・専門辞典・事典・データベース
木の考古学  出土木製品用材データベース
CD-ROM付

伊東隆夫・山田昌久 編
日本各地で刊行された遺跡調査報告書約4500点からの木製品樹種同定データ約22万件を集積した世界最大級の出土木製品用材DB。各地の用材傾向の論考、研究史、樹種同定・保存処理に関する概説等も収録。CDには専用検索ソフト付。
[主要目次] 人類の資源としての木材/遺跡出土木製品の樹種同定と保存処理/日本列島の森林植生と木材利用/遺跡出土木材の製品研究の展開/遺跡出土木製品の種類と地域性/木工技術と木材・製品の流通/倉院宝物の木・竹製品/出土木製品用材データベースおよび関連データベース
〔定価11,880(本体11,000)円/B5判/449頁/ISBN9784860999117/C3020/2012.10〕

書棚:CD-ROM付森林科学・専門樹種識別辞典・事典・データベースその他
早生樹  産業植林とその利用
岩崎 誠・坂 志朗・藤間 剛・林 隆久・松村順司・村田功二 編
アカシアやユーカリなど近年東南アジアなどで活発に植栽されている早生樹について、その木材生産から、材質、さらにはパルプ、エネルギー、建材利用など加工・製品化に至るまで、技術的な視点から論述。
[主要目次] 早生樹産業植林の概要/産業植林と環境/材質/遺伝子組換え技術/パルプ利用/エネルギー利用/用材利用/索引・用語解説
〔定価3,672(本体3,400)円/A5判/259頁/ISBN9784860992675/C3061/2012.8〕

書棚:森林科学・専門

最初の頁    前の頁   | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  | 次の頁 185 件中 45-59 件を表示