本のご注文書店様へ 
   ホーム | 書棚 | 50音順目録 | 書評・紹介記事 | 常備店  | リンク集 | English 

カバー写真を表示


冊子版は下記のネット書店でも
お求めいただけます
hontoネットストア   Amazon.co.jp
紀伊國屋書店   楽天ブックス
Knowledge Workder   セブンネットショッピング
TSUTAYA online   Yodobashi.com
オンライン書店e-hon   HMV online
オンライン書店honyaclub   DMM.com

樹木繁殖器官の物質収支

果実の成長と呼吸・光合成のバランス

冊子版を購入
冊子版/刊行:2021年7月
3,300(本体3,000円+税)円/310g
ISBN9784860993931(4860993934)/C3061
オンライン版を購入
オンラインアクセス版/刊行:2021年8月
無期限版:3,300(本体3,000円+税)円
13か月版(395日間):1,650(本体1,500円+税)円
7か月版(210日間):1,320(本体1,200円+税)円
ISBN9784860997250/C3861

内容紹介

繁殖器官(球果や果実)の成長過程に着目し、生理生態学的側面から光合成・呼吸を測定し物質収支バランスから樹木の成長過程を論じた。本書は繁殖器官の測定実験のみならず理論考察をも網羅する。

主要目次

序   章
第1章 成  長
  1.1. 形  態
  1.2. 果実重と果実直径、果実体積との関係
  1.3. 直径成長と重量成長
  1.4. 繁殖が母樹の成長に及ぼす影響
第2章 光合成・呼吸の測定
  2.1. 測定法
  2.2. 光合成・呼吸の定義
  2.3. CO2再固定率の定義
  2.4. クロロフィル含量
第3章 光合成・呼吸の日変化と季節変化
  3.1. 光合成・呼吸の日変化
  3.2. 光合成・呼吸の季節変化
  3.3. CO2再固定率の日変化と季節変化
第4章 光合成の光反応と温度反応
  4.1. 光―光合成反応
  4.2. 温度―光合成反応
  4.3. CO2再固定率と光強度
  4.4. CO2再固定率と温度
第5章 呼吸の温度反応
  5.1. 温度―呼吸反応
  5.2. 温度係数Q10 
第6章 呼吸のサイズ依存性
第7章 転流量
  7.1. コンパートメントモデルによる転流量の推定法
  7.2. 転流量の季節変化
  7.3. 果実と葉における転流関係
  7.4. 転流量、成長量、光合成量と呼吸量の量的バランス
  7.5. 2つの気候帯における転流量の違い
第8章 転流と果軸サイズ
  8.1. 果実重の成長速度と果軸断面積との関係
  8.2. 果実への転流速度と果軸断面積との関係
  8.3. 負の果実重の成長速度
第9章 成長曲線の誘導
  9.1. 成長モデルの開発
  9.2. ベルタランフィ式の誘導
  9.3. 母樹の成長曲線の誘導
引用文献
索  引

執筆者紹介

小川一治(おがわ かずはる)
1958年岐阜県生まれ。1981年名古屋大学農学部林学科卒。同大学院修了、農学博士。スウェーデン農科大学(SLU)生態環境学科客員研究員、名古屋大学農学部助手、同大学大学院生命農学研究科助教を経て、2016年より同研究科講師。専門は森林生態学、森林生態生理学。主な著書にRecent Research Developments in Environmental Biology (Research Signpost, 分担)、New Research on Forest Ecology (Nova Science, 分担)がある。