本のご注文書店様へ 
   ホーム | 書棚 | 50音順目録 | 書評・紹介記事 | 常備店  | リンク集 | ENGLISH 

カバー写真を表示


冊子版は下記のネット書店でも
お求めいただけます
紀伊國屋書店  Amazon.co.jp
セブンネットショッピング  hontoネットストア
オンライン書店e-hon  楽天ブックス
オンライン書店honyaclub  Knowledge Workder

離島研究 I

冊子版を購入
3,024円(税込)
冊子版/刊行:2003年6月
本体2,800円/709g
ISBN978-4-86099-201-9(4-86099-201-6)/C0025
PDF版を購入
3,024円(税込)
CD-R版/刊行:2015年11月
本体2,800円
ISBN978-4-86099-925-4/C0825
PDF版を購入
2,419円(税込)
ダウンロード版/刊行:2015年11月 ※eStoreで販売
本体2,240円
ISBN978-4-86099-925-4/C0825

内容紹介

人口増加を続ける島、活発な生産活動を続けている島、豊かな自然を活かした農漁業、観光の島など、多様性をもつ現代の島々の姿を地理学的アプローチにより明らかにする。12名の研究成果を収録。続刊 『離島研究 II 』『離島研究 III 』も刊行。

書評・紹介記事

季刊地理学,Vol.58 No.3 東北学院大学 岩動志乃夫先生による書評。
地理学評論,2004年8月号 浮田典良 京都大学名誉教授評。「地理学評論」は日本地理学会の機関誌。
島嶼研究,第4号 2003年12月 竹内啓一駒沢大学教授評
地理科学,59巻1号 現時点における地理学の離島研究を束ねている。
地理科学,59巻1号 様々な観点から行われてきた研究を一冊にまとめている。
新地理,2003年12月号 わが国の「島嶼地域」研究に新風を吹き込む。
しま,No. 196 島の生き方に対する共感が随所にうかがえる。
地理,10月号 島で生活することの意味、各島の論理を教えてくれる。
南海日日新聞,2003年8月13日水曜日 離島の多様性を具体例で示す。
琉球新報,2003年8月17日日曜日 「読書」欄に掲載されました。
西日本新聞,2003年8月10日日曜日 「郷土コーナー」に掲載されました。
沖縄タイムス,2003年7月5日土曜日 頑張っている島に熱い思い。(堂前亮平久留米大学教授評)

主要目次

は じ め に

I 島の特性と結びつき
1章 島嶼地域の計量的地域区分(須山 聡/駒澤大学)
 I  はじめに
 II 分析データ
 III 島嶼地域を性格づける因子の抽出
 IV クラスタ分析による島嶼地域の区分
 V  むすびにかえて―多様性の源泉としての島嶼地域―
2章 離島地域における日常生活圏の変化と本土主要都市との結びつき
     (石川雄一/長崎県立大学)
 I  はじめに
 II 地域の概観
 III 離島居住者の生活行動空間の変化
 IV 北部九州の主要都市とのメンタルな関係と実際の結びつき
 V  各離島地域の地域的特性
 VI おわりに―市町村広域合併を控えて―
3章 奄美大島、名瀬の郷友会―組織の機能と空間的性格―
     (須山 聡/駒澤大学)
 I  はじめに
 II 名瀬に展開する郷友会母村の分布
 III 名瀬在住郷友会の組織
 IV 名瀬在住郷友会の活動
 V  名瀬―シマ間の相互関係の緊密化
 VI おわりに―シマ空間の拡大と混住地域としての名瀬―
4章 伊吹島からの漁民の移動と展開(河原典史/立命館大学)
 I  はじめに―漁民の移動―
 II 転業をともなう漁民の移動
 III 伊吹島漁民の泉佐野への連鎖移住
 IV 連鎖移住の諸相
 V  おわりに―瀬戸内海をとりまく分業システム―
5章 座間味島の観光地化と県外出身者の存在形態(宮内久光/琉球大学)
 I  はじめに
 II 座間味島の観光地形成と発展
 III 観光地化に伴う就業・人口構造の変化
 IV 座間味島における県外出身者の存在形態
 V  新しい観光形態の展開

II 農業・牧畜の島々
6章 沖縄県渡名喜島・粟国島のキビ栽培の復活とその背景
     (賀納章雄/吹田市立博物館)
 I  はじめに
 II 島の概況
 III キビ栽培の状況
 IV 栽培復活の要因とその基層
 V  伝統と現代性
7章 伊江島の農業展開過程と課題(助重雄久/富山国際大学)
 I  はじめに
 II 伊江島の概要と農業の動向
 III 農業の三本柱―キク・葉タバコ・肉用牛―生産の展開
 IV 伊江島農業の新たな課題とその解決
 V  伊江島農業の光と陰
8章 隠岐・知夫里島の肉用牛繁殖経営の展開
     (大呂興平/近畿中国四国農業研究センター)
 I  はじめに
 II 知夫里島の概要
 III 知夫里島の肉用牛繁殖経営農家の生計戦略
 IV 規模拡大を可能にした生産システム
 V  ま と め

III 漁業・養殖の島々 9章 越智諸島椋名における延縄漁業の漁場利用(田和正孝/関西学院大学)  I  はじめに  II 海域の性質と利用状況  III 延縄漁業  IV 延縄の漁業活動  V  漁場利用形態の分析  VI まとめ―漁場利用の時間・空間― 10章 小呂島の人口維持と漁業の持続性(山内昌和/東京大学)  I  はじめに  II 小 呂 島  III 漁業活動の変化と新技術  IV 漁業経営体の変遷  V  漁業所得の推移  VI 小呂島漁業の持続性を支えた要因  VII おわりに―新しい技術と柔軟な経営組織― 11章 延岡市島浦島の経済的地域構造(中村周作/宮崎大学)  I  はじめに  II 島浦地区における水産業の展開  III まき網操業行動の時間地理学的分析  IV 養殖業の展開と経営状況  V  結  び 12章 明治前期における家島諸島の3つの浦(平岡昭利/下関市立大学)  I  はじめに  II 考察地域の概況と問題の所在  III 人口変遷とその3ヵ浦の特徴  IV 家島3ヵ浦の漁業構造  V  採石業と石材運搬業の発達  VI 集落間の異質性を問題にして 索   引