本のご注文書店様へ 
   ホーム | 書棚 | 50音順目録 | 書評・紹介記事 | 常備店  | リンク集 | ENGLISH 

カバー写真を表示


冊子版は下記のネット書店でも
お求めいただけます
紀伊國屋書店  Amazon.co.jp
セブンネットショッピング  hontoネットストア
オンライン書店e-hon  楽天ブックス
オンライン書店honyaclub  Knowledge Workder

郊外からみた都市圏空間

郊外化・多核化のゆくえ

  • 石川雄一 (長崎県立大学教授) 著
  • B5判上製/241頁
  • 書棚:地理学電子版
◆ 2009年度日本都市学会賞(奥井記念賞)受賞!(2009/09/06)
冊子版を購入
3,672円(税込)
冊子版/刊行:2008年10月
本体3,400円/716g
ISBN978-4-86099-247-7(4-86099-247-4)/C3025
PDF版を購入
3,672円(税込)
ダウンロード版/刊行:2017年1月 ※eStoreで販売
本体3,400円
ISBN978-4-86099-946-9/C3825

内容紹介

21 世紀初頭における地域の郊外化、超郊外化、多核化、ジェンダー、都市圏規模などの各課題と動向を解説し、今後の展望とビジョンを提示する。都市という領域を広域な領域でとらえること、郊外地域からの視点でとらえることに主眼を置いた。

主要目次

まえがき

序 章―20世紀の都市圏研究と郊外地域研究の課題―
  I    都市化地域の拡大と郊外の形成
  II   高度経済成長期以降の都市圏構造の変化-郊外化から反都市化へ
  III  産業(雇用)の郊外化に伴うさらなる構造変容-超郊外化と多核化
  IV   産業(雇用)の郊外化が通勤パターンに及ぼす影響
  V    通勤パターンの性差と郊外地域の雇用の特性
  VI   小規模都市圏における空間構造の変化
  VII  本書の課題と目的
  VIII 分析の視点・手法

第II部   国内都市圏・大都市圏の動向
第1章   日本の都市圏における郊外地域の特性分類
  I   都市化から都市圏の成長へ
  II  都市圏の定義と抽出、分析資料
  III 1970 年以降の常住人口および就業人口の動向
  IV  主要都市圏の特性の類型化
  V   郊外空間の地域性
第2章   大都市圏多核化の兆しの検証―オフィス・店舗従業者の空間分布の変化―
  I   分散か集中か、単核か多核か
  II   研究対象地域と分析手法
  III  各大都市圏における距離帯別の動向
  IV   各大都市圏における郊外核形成の傾向
  V    大都市圏規模による空間構造変化の違い

第III部   大都市圏郊外の空間構造の変化―京阪神大都市圏における事例―
第3章   郊外の誕生―近代の大阪近郊における住宅郊外化と居住者の特性―
  I    郊外誕生期における都市圏研究の視座
  II   大阪都市圏における初期の都市化・郊外化
  III  居住者の職業構成からみた大阪近郊の変化とその類型化
  IV   大阪市と郊外地域間の通勤通学流動:1930 年
  V    近代における郊外化がその後の郊外成長に残したもの
第4章   雇用の郊外化と通勤パターン―通勤距離の変動からみた都市圏構造の変化―
  I   通勤距離と郊外化との関係
  II  京阪神大都市圏における通勤流動パターンと通勤距離の変化
  III 地域別の平均通勤距離の動向と通勤流動の多様化
  IV  通勤距離の変化のパターンと大都市圏内の地域的特性
  V   補論:最近の大阪都市圏における通勤流動の変化
第5章   超郊外化―都市圏周辺地帯における通勤流動の変化と社会・経済的地域構造―
  I   超郊外化の視点
  II  人口および通勤流動パターンの変化(1965~85 年)
  III 因子分析の結果
  IV  地域間交流について
  V   周辺地帯の地域構造と超郊外化地域
第6章   多核化―その動向と郊外核の特性―
  I   多核化現象と郊外核の定義
  II  核の抽出と分類
  III 就業構造、交通手段、勢力圏構造からみた核の特性
  IV  日本型大都市圏の多核化の方向
  V   補論 1:1980~2000 年における郊外核の特性の変化
  VI  補論 2:職業別ゾーン間通勤トリップパターンの変化(1980~90)
第7章   郊外のジェンダー―雇用の郊外化の進展と性別就業構造―
  I   女性の就業構造の変化と郊外における雇用の成長
  II  大阪都市圏における職業別女性就業構成の変化
  III 3 地帯別にみた大阪圏の男女別就業構造の変化
  IV  多核化の進展と男女別就業構造
  V   雇用の郊外化の鍵を握る中年女性就業者と多核化の進展に向けて
第8章   郊外核検証―大阪北郊郊外核の特性と 1990 年代におけるその変化―
  I   郊外核の特性検証の意義
  II  郊外核の特性と都心・副都心地区の特性比較
  III 二つの郊外核に関する若干のコメント

第IV部   地方の中小都市圏の空間構造の変化
第9章   地方都市とモータリゼーション―小規模都市圏の郊外の成長・都心部の停滞―
  I   小規模都市圏の郊外化研究の視点
  II  都市圏規模と人口・従業者の分布構造の関係
  III 金沢都市圏の従業者の地域構造
  IV  小規模都市圏の郊外化の進展とモータリゼーション
第10章   地形・交通線の制約―長崎・佐世保両都市圏における社会経済地域構造の比較―
  I   両都市圏の地域性
  II  就業構造からみた経済的地域構造の特性
  III 社会構造の空間的特性
  IV  県内二眼レフ構造の崩壊と今後の課題
終 章―まとめと今後の展望―
  I   21 世紀初頭の都市圏研究の動向
  II  郊外からみた都市圏空間の変容モデル
  III 都市圏郊外のゆくえ

索  引
初出一覧
あとがき